• home_btn_our_mission
  • Meet the Expert
  • わたしの場合。不妊治療中の乳がん告知、トリプルネガティブタイプのがんに戸惑い。それでも治療後、子どもを持つ為の“提案”も―

小林麻央さんを偲び

この度、小林麻央さんのご逝去を偲び、若年性乳がん患者支援団体として、麻央さんのご冥福をお祈りするとともに、ご家族の皆さまへ深くお悔やみ申し上げます。

麻央さんのブログに綴られた、今この一瞬を「生きる」その姿、その尊さに、多くのメンバーが励まされ、勇気をいただきました。ありがとうございました。

私たちPink Ringは麻央さんが自身の闘病生活をかけて伝えてくれた愛、やさしさ、強さ、苦悩、そしてご家族が抱えた悲しみ、怒り、無念を共有します。
言葉にできない、「想い」のすべてを共有します。

命の価値はその長さではなく、どう生きるかであるということを、
私たちは「乳がん」の診断を受けたその日から、ずっと向き合って生きています。

私たちは、麻央さんが残してくれた「命の証」を心に刻み、若年性乳がんと闘う全国の仲間とその家族のために、これからも支援を継続して参ります。
そして、乳がんになっても希望を持って生きられる社会の実現を目指します。

麻央さんが乳がんとともに力強く歩んだ、“色どり豊かな”その人生に敬意を表しますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。

若年性乳がんサポートコミュニティ Pink Ring

(最後に…)

 昨年夏に、麻央さんも同じく若くして乳がんと向き合っていらっしゃることを知り、麻央さんのブログを拝見しながら、その病と向き合う姿、愛に溢れた生き方に感銘を受け、祈り、陰ながら応援させてもらってきました。*
 麻央さんの夫 市川海老蔵さんは、記者会見を開いた理由の1つとして、同じ病気で闘病中の方に麻央さんの思いを伝えたいという想いがあることをお話しされていました。 そのお言葉を受け、いち若年性乳がん患者支援団体として、当会より麻央さんおよびご家族様へのお悔やみの言葉を掲載させていただきました。
 このような状況で、心身ともに大変お辛い中、ともに闘病する仲間への配慮を下さった、市川海老蔵さんに深く感謝いたしますとともに、謹んでお悔やみ申し上げます。
 *当会の活動と小林麻央さんは直接的な関係はございません。

Caravan
Pink Rosette
ご支援・ご寄付のお願い