Home > Our Mission

About us

Pink Ring Mission Pink Ringとは?

2010年に聖路加国際病院の若年性乳がん患者に対するグループ療法の臨床試験として誕生。2015年に体制を一新し、現在は体験者と医療者が協同で運営する“若年性乳がん体験者のための患者支援団体”として活動しています。
同じ病気を経験した同世代の仲間と出会い、若年性乳がん特有の悩みや不安(妊娠、出産、恋愛、結婚、仕事、美容など)を共有しあえるコミュニティの提供や、病気や治療と向き合う上で必要な正しい情報の発信、さらに若年性乳がん研究への支援活動など、体験者の目線、医療者の目線から、20代・30代で乳がんを罹患した若年性乳がん体験者を多角的にサポートしています。

Mission

若年性乳がん体験者が診断後から生涯にかけて、がんを価値ある体験に変えて生きられるための情報発信、コミュニティ活動、研究支援を行う

Vision

若年性乳がん体験者とその支援者ががんになっても希望を持って生きていける社会の実現

活動内容

①情報発信

若年性乳がんに特有な医学的問題(妊孕性ーにんようせいー※1、治療後の出産、遺伝性、乳房再建など)や、社会的問題(就労、経済、医療資源など)について適切かつ正確な情報を当事者に提供する。また、医療者、研究者、一般社会とも問題を共有し、改善に向けての提言を行う

②コミュニティの提供

体験者やその支援者が安心して交流できるコミュニティの提供、およびそれらを通した当事者たちのエンパワメント※2

③研究支援・研究活動

若年性乳がんの医療や生活の質の向上につながる研究への提言や支援、研究活動

※1 妊娠する力 
※2 がん体験者自身が本来持っている力を十分に発揮して乗り越え生きること